Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

学生生活

ラダー・ウォール 作成

ゼミの活動として、吊り遊具を作成しました。

 

子供を対象とした作業療法場面では、こういった遊具やトランポリンなどを使って、

上手くバランスをとりながら、体の使い方を学んでいく方法もあります。

 

実際に販売されているものを参考にして、

材質やサイズを試行錯誤しながら作成しました。

 

まずは、材料の選定をしてみると、ホームセンターなどで売っている、ちょうどよいサイズの木材は強度があまりない。

強度のある材質を見つけても、サイズや寸法を考えると加工が必要なため、

家具を製造している工房に、材質・サイズを指定して特注しました。

 

しかし、実際に作り始めると想定していたよりも、材料の強度が不足していたため、更に倍の太さの材料に変更しました。

 

結局、立案から作成開始から2か月かかりましたが、ようやく完成しました。

 

大人が二人ぶら下がっても、ミシリとも言いません!

強度は問題ないようです。

 

完成したものは、実際に療育関連の教室で使ってもらう予定です。

 

ヤスイ

  • 2016.09.26 Monday
  • 08:46

イベント

第6回オープンキャンパス

9月11日(日)に今年度最後の第6回オープンキャンパスが開催されました。心配された雨も降らず、たくさんの受験生や保護者の方にお出で頂きました。

この機会に少しでも目白大学作業療法学科の良さを知っていただけたら有り難いと思います。

 

 

では作業療法学科の主なイベントを紹介したいと思います。

 

まずは前島徹先生による模擬授業「ヒトの体にひそむ骨の謎」です。

何故、泣くと鼻水が出るのでしょうか?何故、ひじは前に曲がるのに、ひざは後ろに曲がるのでしょうか?骨を中心に、体の不思議をお話し下さいました。

 

まさに目からウロコでした。

 

時にはこんな風に身体を動かしてみたりしていました。

 

 

こちらは体験コーナーです。

 

まず近藤智先生と柴田景子先生による「自律神経を測定してみよう!」のコーナーです。

自律神経は、興奮時に働く「交感神経」とリラックス時に働く「副交感神経」から成り立ちます。これらのバランスを測定し、健康状態をチェックしてみます。

 

親子で参加された手前の学生さんは高得点を示していることを知り、大変喜んでいました。自分の健康状態を知る事もまた参考になると思います。

 

 

こちらのコーナーは、時田みどり先生と安井宏先生による「見て、触れて、測ってみよう!君だけの錯覚」です。

私たち人間は、事実とは異なる知覚をすることがあります。錯覚と呼ばれるこの現象を体験し、自分の感覚と現実との違いを確かめてみます。

 

個別相談の担当は、佐藤佐和子先生です。

「目白大学作業療法学科の売りはなんですか?」

という質問に、

「教員と少人数によるアクティブラーニングと1年次から行われる体系的な臨床実習です!」

と自信をもって答えていました。

 

お出でいただいた皆様はお気づきになったでしょうか?黄色いシャツは卒業生、ピンクのシャツは在校生です。

よく見てみると、在校生のIDカードには「作業療法学科」と印刷されていますが、卒業生のIDには「作業療法」と書かれています。

 

せっかくの日曜日に目白大学のオープンキャンパスにお出で頂きまして有難うございました。来年、この岩槻キャンパスでお会いできることを楽しみにしています。

 

(毛束)

  • 2016.09.23 Friday
  • 08:30

実習関連

2016年度すべての実習を終えて…【3】

実習の感想part3です晴れ

 

part1はこちらクリック

 

クローバーNくん感想クローバー

全ての実習を終えて一番印象に残ってるのは

北海道での長期の身体領域の実習ですSMILYキラキラ

病院の作業療法士さんの実家に泊まらせて頂き

ご飯にお風呂に掃除といたれりつくせりでしたびっくり

遠隔地での実習だったのにもかかわらず

実習に集中できたのは、そのお陰が大きかったと思いますほっしぃ炎

実習中は、学生だけでなく

作業療法士さんや対象者様と一緒に教科書を開きながら学んでいく形式をとって下さり

知識をきちんと定着させることができました★

休日には札幌、函館への観光や先生のライブを観に行ったりと

とても充実した実習となりました車キラキラ 青

 

写真は札幌函館山の夜景星

(ご指摘いただきありがとうございます。)

 

 

遠隔地に行って慣れない環境でも

周りの方に支えられながら実習を楽しくできたようで良かったですニコちゃん

 

 

柴田けん

  • 2016.09.22 Thursday
  • 09:00

実習関連

2016年度すべての実習を終えて・・・【4】

実習を終えてpart4ですニコちゃん

part1クリック

part2クリック

part3クリック

 

 

ひまわりTさんの感想ひまわり

長期実習はとても充実した期間で

日々の流れが早く貴重な体験を沢山しました流れ星

学校に帰ってきて、先生の顔を見るとほっとしました熊家

これから国家試験、卒業論文とまだまだやることは多いですが

実習先でお世話になった先生方、そして患者さんからいただいた

沢山の温かい言葉を糧に頑張ります力こぶびっくり

 

 

感想ありがとうございますクローバー

教員もみんなが帰ってくると、ほっとしていますよ蜂★

体調崩さないようにお互い気をつけて過ごしましょう発見

 

 

 

柴田けん

  • 2016.09.20 Tuesday
  • 08:03

イベント

流しそうめん&革細工

目白大学はまだ夏休みです晴れ

さて今回は目白大学の夏のイベント

流しそうめん革細工を行いましたニコ★

 

作業療法学科だけでなく

岩槻キャンパスすべての学科の学生が

自主的にボランティアとして活動してくれましたニコちゃん花

 

様子は以下の動画をご覧ください発見

(動画作成者は作業療法学科アンバサダーです花)

みんなの楽しそうな様子ですねっくまひまわり

また、先生方の学生への気持ちもとても伝わります蜂星

 

 

これからもっと地域交流やイベントをして

目白大学岩槻やンパスを盛り上げていきたいですねうさこにじ

 

 

柴田けん

(動画作成:作業療法学科アンバサダー流れ星キラキラ)

  • 2016.09.15 Thursday
  • 09:42

授業

スイカ割!!!!

まだまだ暑い日が続きますね

目白大学は9/22(金)から授業ですSMILYため息

皆様、いかがお過ごしでしょうかニコちゃん

 

さて夏といえば

1472186088816.jpg

そう、スイカスイカひまわり

2年生の学生はスポーツ健康(体育)の授業でスイカ割をしました熊

 

みんなでお金を出し合ったスイカを叩き割りますっびっくりびっくり

20160719_1828.jpg

 

割れたスイカは切って仲良く食べました蜂

20160719_6770.jpg

夏空にこの笑顔…とっても素敵ですkamule星

 

2016.7.19 スイカ割り_475.jpg

男性陣は、種飛ばしを極めていました花

 

 

夏休みはまだありますので

有意義な日々をお過ごしくださいニコ★

また秋学期もよろしくお願いしますうさこクローバー

2016.7.19 スイカ割り_9106.jpg

 

柴田けん

  • 2016.09.05 Monday
  • 08:27

教員紹介

研究の夏

こんにちは.心理学の時田です.

8月10日から13日まで

Cognitive Science Society (認知科学会)の年次大会に参加してきました.

 

認知科学では

ヒトの記憶、思考、意思決定、学習、創造性、注意機能、道徳性、共感性、因果の理解などについて

行動実験やコンピュータモデルを使って解明を試みます.

 

作業療法士の仕事には

患者さんの記憶の状態を把握したり

新しい行動の学習をお手伝いしたり

患者さんの気持ちを推測したりすることがあると思いますが

認知科学の研究は

それらの活動と大きな関わりを持っています.

 

例えば、記憶力や注意力の低下した患者さんには

どんな練習方法が有効なのだろうか、といった問題を考える際

認知科学で得られた知見が役立てられるでしょう.

 

また、反対に、作業療法の臨床現場でのさまざまな「気づき」が

認知科学の研究に新たな視点をもたらすのではないかと思います

(COGSCI (認知科学会)2016年年次大会立て看板)

 

学会では、既に優れた業績をあげている著名な諸先生から

博士論文に取り組んでいる学生まで沢山の研究者が集って

自分の研究を発表したり、他の研究者の発表を聞いたり、互いに議論したりします.

そして、それが新しい研究の推進力となっていくのです.  

 

下の写真は、発達心理学で功績を残している

アマンダ・ウッドワード先生の基調講演の風景です.

学会では、こういった基調講演がいくつか行われ

多くの研究者が大きな会場に集まって耳を傾けます.

ウッドワード先生は、社会的認知の学習過程などについて

乳児や幼児を対象とした様々な実験研究を進めています.

(基調講演の風景) 

 

次の写真は、それぞれの研究を紹介するポスター発表の様子です.

1畳ほどのパネルに、用意してきたポスターを掲示します.

興味のある人がブースに来てくれるので、そこで内容を詳しく説明したり、議論したりします.

発表者の国籍は様々ですが、共通言語は英語です.

(ポスター発表の風景)

 

因に、私は今回、ポスター発表をしました.

目白大学のスクールカラーをモチーフに、ポスターを作成しました.

さて、内容は?

後期の心理学の授業を、楽しみにしていて下さい.

(時田のポスター)

  • 2016.08.30 Tuesday
  • 10:14

実習関連

2016年度 すべての実習を終えて・・・【2】

すべての実習を終えてた4年生星

また感想をいただきましたニコ★

(前回はこちらをクリック晴れ

~Kさん~

見学実習、評価実習、臨床実習、地域実習と4種類の実習を経て

様々な分野の作業療法を肌で感じることができましたうさこびっくり

期間は違えど、合計7か所の病院・施設に行き

多くの患者様・利用者様と関わったことは

今後臨床に出た際の力になると思いますクローバー

実習に行くことで教科書や大学の講義ではわからなかった

臨床の空気や実際の患者様・利用者様との関係づくり等を

身をもって経験することができました花

あらためて実習の重要性がよくわかりましたキラキラ

 

 

学校で学ぶ知識以上に

臨床の現場で感じ実践すること…

実習にポジティブな感想ありがとうございます蜂

 

4年生にとっては最後の夏休み…

楽しんでくださいねにわとりはな

 

 

柴田けん

  • 2016.08.25 Thursday
  • 08:17

実習関連

2016年度 すべての実習を終えて・・・【1】

蒸し暑い日が続きますね晴れため息

お互い体調崩さないよう気をつけていきましょう蜂

 

さて

作業療法学科の実習は

1年次は計4日間(2日間×2施設)

2年次は計4週間(2週間×2施設)

3年次の2月〜4年次の7月で計18週間(8週間×2,2週間)

すべて合わせると…

約6ヶ月間実習に行っていたんですびっくりクローバー

 

 

そのすべての実習を終えた4年生に

実習を振り返ってもらいましたうさこにじ

(写真、真ん中男性)

16-07-21-15-41-05-932_deco.jpg

 

総合実習では

昨年のレベル2(評価)臨床実習で経験した

評価計画の立案や目標設定はもちろんのこと

そこから作業療法プログラムの立案、介入といった

一連の流れを体験することができましたくまキラキラ

 

また、2ヵ月間通わせていただくことで

患者様の身体面の変化や一人で出来ることが増えてきたことで

訓練に意欲的に取り組む様子を見ることができ

学校の授業では学ぶことのできない

患者様の変化の様子を見て学ぶことができ

とても充実した実習となりました力こぶびっくり

(施設の行事を行っている写真SMILY)

 

ありがとうございましたニコちゃん

様々なことを吸収し、自主的に行動できたことが伺えますkamule星

充実できたようで良かったですバイバイクローバー

パート2をお楽しみに熊

 

 

柴田けん

  • 2016.08.21 Sunday
  • 08:26

教員紹介

保育園巡回 教員の仕事シリーズ

『教員の仕事』シリーズ

今回は安井が担当です。

保育園・幼稚園に赴き、集団生活の中でうまくなじめない子供や、

体に障害のある子供の保育に関して、保育園・幼稚園の先生から相談を受ける仕事があります。

幼稚園のイラスト

 

この10年で「発達障害」という言葉が、広く世間に浸透し始めています。

AD/HD(注意欠陥・多動性障害)

ASD(自閉症・アスペルガー症候群)

LD(学習障害、特異的発達障害)

といった言葉は、新聞やテレビでも目にする機会が増えているかと思います。

実際にそういった子供と一番接しているのは、おそらく保育園・幼稚園の先生かもしれません。

 

保育園・幼稚園の先生たちも日々勉強していますが、

多くの先生たちは、障害のある子ども達への対応までは学んできていません。

 

そこで、作業療法士や心理職といった専門職が巡回相談を地方自治体からの委託を受けたり、保育園や幼稚園から直接依頼を受けて、相談に行きます。

砂場で遊ぶ子供達のイラスト   お絵描きをしている子供達のイラスト

 

子供たちの実際の集団生活場面を見て、また子供たちと遊びながら、

具体的なトラブルや問題点などに対して解決策を、園の先生たちと相談します。

おもちゃの取り合いのイラスト

 

一人でも多くの子供が、より適切な環境で保育・学習の機会が与えられるように、これからも保育園の先生を支援していこうと思います。

  • 2016.08.16 Tuesday
  • 08:13