Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

雑記

作業療法とは?作業療法士の仕事とは?

こんにちは。

「作業療法」「作業療法士」と聞いてもイメージがわかず、よくわからないという声をよく聞きます。
今回は作業療法・作業療法士という職業について解説したいと思います。

まず、作業療法士の職能団体である日本作業療法士協会では、作業療法をこう定義しています。

「作業療法は、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる、作業に焦点を当てた治療、指導、援助である。

作業とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指す。」

(出典:http://www.jaot.or.jp/about/definition.html


これを行う人が作業療法士ですね。

また、本学教員は作業療法をこう表現しています。

 

「対象者の方が日常生活や社会生活の場面で経験する不自由さや痛み、不安などをあたかも我がことのように捉えて、その解決方法や対処の方法を考え出すこと」

対象者というのは、患者、利用者、入所者など、作業療法を受ける人のことです。

 

 

 

ピンとこない方もいると思いますので具体的に言いますと…


例えば、50歳代男性のAさんは家族4人を支える、いわは大黒柱です。

そんなAさんはシステムエンジニアの仕事をしています。

やりがいもあり家族の中でAさんの役割は仕事によって果たされています。

つまり、Aさんにとって仕事はとても価値のある作業と言えます。


そんなAさんがあるとき脳梗塞で倒れ、右手が動かなくなり、言葉も思うように出なくなりました。

作業療法士は、Aさんが病院に入院する数か月の間、日常生活に不可欠な食事やトイレ、着替えなどが1人でできるように作業療法を行います。

さらに、Aさんにとって大切な仕事についても作業療法を行います。

右手を動かす練習には時間がかかるので、それだけでなく左手でパソコンを使う練習をしたり、片手でも操作できるようパソコンの設定を変えたり、マウスなどの道具を改造したりします。

同僚の方がお見舞いにいらした時に仕事内容を詳しく聞いてAさんでもできることを話し合ったり、話の仕方を伝えたりします。

Aさんが仕事という価値のある作業ができるように、体と心、道具、方法、家族、同僚に関わります。

もちろん、全てAさんの要望を聴きながらAさんと一緒に進めます。

 

 

他にも、転んで足を怪我して閉じこもりがちになりつつある高齢者のご自宅に作業療法士が訪問リハビリに行き、趣味だった草野球観戦に行けるようになるために、靴を履く玄関に椅子を設置して靴を履きやすくしたり、ご家族と屋外歩行の練習を週に2回行ってもらったりします。

また、仕事を頑張りすぎてうつ病で入院している40代の女性と、休みの日の過ごし方、例えば買い物や散歩などその方が安らげる作業(活動)を考えたりします。

 

これらの作業療法は、全て対象者の「健康と幸福」につながると作業療法士は考えています。

少し長くなりましたが、こんなようなことが作業療法、作業療法士です。

興味を持ってもらえたら幸いです。

 

のむら

 

  • 2019.05.16 Thursday
  • 15:11

雑記

秋学期スタート!

こんにちは!

 

目白大学(さいたま岩槻キャンパス)では

9/24より、秋学期がスタートしました!!

大学は夏休み等の長期休暇が

高校よりも長いのがひとつ特徴です。

実習やバイト、もしくは旅行などなど・・

きっと本学学生もたくさんの夏の思い出を作ったことでしょう^^!

 

そんな夏休みでのひとコマ。

2月末の国家試験に向けて、夏休み中も学校に来て

勉強に励んでいた4年生を発見(佐藤彰紘先生ゼミ生)!!

右から佐藤彰紘先生、櫻井先生、佐藤彰紘ゼミ生(4年生)

ホクホクな焼き芋を持って嬉しそうなこの表情です↑↑

言語聴覚学科の櫻井先生と私から勉強を頑張っている皆へ

あまーいおやつのおすそ分けをいたしました★★

 

一足先に秋を感じながら、リフレッシュした学生と先生達でした!

 

秋学期も始まり、

授業や勉強の毎日が続きますが、

たまには一息つきながら

楽しく過ごしていけると良いなと思います★★

 

永野

  • 2018.10.08 Monday
  • 11:13

雑記

地域連携事業 一人暮らし男性高齢者のための地域交流プログラムを行いました

こんにちは。

 

今回は地域連携事業の1つ、一人暮らし男性高齢者の地域交流プログラムについてご紹介しますき

岩槻区にお住いの一人暮らし男性高齢者だけに集まっていただき、人との交流や日々の生活を充実させる工夫を学びます鉛筆

学ぶだけでなく、参加者の皆さんと出かけたり、ボランティア体験をすることも企画中ですにじ

これは実は、作業療法のノウハウがたくさん詰まっている内容になっています手

 

 

 

プログラムは週1回2時間、全15回で構成されていますひらめき

まだ始まったばかりですが、参加してくださっている4名の方はご自分の健康のために真剣に取り組んでいますエクステンション

時折学生もボランティアとして参加し、お話を聞いたり、マナーを身に付けたり、良い学習の場になっていますonpu03

 

目白大学作業療法学科は他にも7つの地域連携事業に力を入れていますキンモクセイ

 

野村

 

  • 2018.05.28 Monday
  • 16:29

雑記

お花見

皆さま、こんにちは

作業療法学科長の會田です。

 

4月2日(月)は新入生のオリエンテーションでした花

自己紹介の様子を聞いていましたが、

皆さんしっかりお話をできる方が多くて驚きました。

作業療法士は作業療法という専門分野でずっと活動をしていきますので、

今日入学した学生さんたちと先生たちは末永いお付き合いになりますキラン

どうぞよろしくお願いします。

そして、先生方は昼休みに桜の木の下でお弁当をいただきましたお弁当花

木口先生が今日から入職なさいました。

先週まで大学病院にお勤めだったまだ若いフレッシュな先生ですはな

今年度も、学生の短期留学プログラムや実習教育における取り組みや

学科の研究や教育カリキュラムの更新など、

力を合わせてよりよい学科を作るための、

ワクワクするできごとがたくさんありそうです!

桜の花吹雪の中、

皆さんにとって今年度も有意義な年度にしたいと思いました嬉しい太陽

 

會田

  • 2018.04.16 Monday
  • 09:27

雑記

車椅子テニス

こんにちは!

 

最近は晴天の日が続いていますね!太陽

そんな天気の良い日はテニス日和テニス

なぜテニスなのかといいますと・・・

実は毎週木曜日の午前中に、

車椅子テニスの選手が目白大学にいらっしゃって

テニスの練習会をおこなっています。

作業療法学科の仲本先生と私、言語聴覚学科の櫻井先生、外部の方を中心に

練習のサポートをしながら一緒に汗を流していますこぶし

 

車椅子テニスの選手の皆さんは

国内はもちろん、海外にも大会遠征にたくさん行かれています飛行機

テニスの技術だけでなく車椅子のコントロールも必要なので

非常にレベルが高いですビックリマーク

そんな方々と交流ができ、サポートできるのは貴重な時間!

 

テニス初心者の私ですが、今年1年テニスの魅力に引き込まれました!

年内の練習会は終了しましたが、来年もまた一緒にパワーアップしていきますがんばる星

 

永野

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 09:00

雑記

PlayStation VR シカゴのおまけ

シカゴでの視察研修ですが、こんなお土産を買ってきました。

 

PlayStation VR

 

 

わざわざ、アメリカまで行って、

大学の先生が「おもちゃ」買ってきて・・・・

と言われそうですが、

日本では品薄で、まだまだ手に入れることができなかったのですが、

Chicagoの家電用品店では、普通に陳列されていました。

 

だから、先生がおもちゃで遊ぶんですか?

 

 

はい遊びます!

 

といっても、これも治療・研究の一環でして、

こどもの治療・リハビリテーションでは、遊ぶことも重要な要素になります。

 

体を「自在」に動かせない場合、なかなか遊ぶのも上手くいきません。

こういった、新しいデバイス・ガジェットを利用することで、今までできなかったことが上手くいくようになったりします。

 

テレビゲームで遊びたくても、

・頭を持ち上げ続けることが難しく、画面を見続けることができない子もいます

・視力が低くて、テレビの画面が小さいと文字などが見えない子もいます。

PSVRでこれらが全て解決できる訳ではありませんが、すくなくともそのヒントは見つけられるかもしれません。
 

ですので、新しいデバイス・ガジェットを理解することで、適切な利用方法を見出し、

より良い生活につなげることができると考えています。

 

 

さて、日本に帰ってきて実際に試してみた結果は、

 

楽しいですね!

 

車のゲームなんて、実際に運転しているような気分になります。

といっても、遊べたのは、ほんの30分ていど・・・いわゆる、VR酔いというのも強烈でした。

これがもう少し改善できれば、本格的にリハビリテーション分野でも導入できますね。

 

やすい

  • 2017.10.10 Tuesday
  • 09:56

雑記

作業療法&理学療法研修ツアー in CHICAGO

こんにちはにじ

大学の夏休みも終わりに近づき、22日から秋学期のスタートですエクステンション

今回は教員と大学院生の夏休みをご紹介します海

 

8月29日から9月4日まで、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴに視察研修に行ってきました矢印上

小林修二学部長、山田先生、會田先生、安井先生、佐藤彰紘先生、小林幸治先生、館岡先生、野村、大学院生の計13名で行ってきました。


 

1番の目的はイリノイ州立大学シカゴ校でのプログラム。

大学院の講義に参加したり、発表したり、ディスカッションしたり…もちろんすべて英語ですひらめき

 

會田先生の研究のプレゼンきらきら

教室は座りきれないほど一杯でした=3

 

館岡先生の研究のプレゼンき

聞いている学生は皆前のめりですけん

 

山田先生、大学院生もプレゼンしました手

質問も多くて学生の意識の高さに驚かされました…

 

イリノイ州立大学シカゴ校は作業療法の代表的な理論である人間作業モデルの提唱者がいた大学です四葉のクローバー

山田先生が翻訳した人間作業モデルの本も飾られていましたひらめき

 

 

大きな公園にてみんなで食べるホットドッグのうまさDocomo1

 

肉の大きさわかりますか!?

 

Shirley Ryan AbilityLabという病院のロビーに書いてありましたonnpu

リハビリテーションは心のリハビリテーションが大事なのですDocomo6

 

シカゴの人口は全米で3位Docomo110

大都会のビル群の夜景はとてもきれいでした★

時差ボケで強烈な眠気と戦ったり、帰りの飛行機が1日遅れたりと、ちょっとしたトラブルもありましたが、多くの収穫が得られましたひらめき

最終的には、日本の良さと課題を実感できた視察研修でしたにじ

 

 

野村

 

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 09:00

雑記

夏休み残り1ヶ月!!

こんにちは!!



 



皆さん夏休みはいかがお過ごしでしょうか太陽



 



あっという間?長い?夏休みも残すところ1ヶ月を切りました!



 



私の夏休みは実家(福岡県)に帰省していました!



久しぶりに過ごす地元・家族との時間はとても幸せなものでしたハート



他にも、大学時代の友達に会いに行ったりと



充実した夏休みを過ごしていましたひまわり



おかげさまで、あっという間ですひまわり★



 



大学にいる猫ちゃんです猫





暑さに負けているのか、相変わらずなのか、(笑)



のんびりごろごろ寝る





夏休み中の学校は人が少ないので



いつもと変わらない猫ちゃんを見つけてなんだか安心。癒されていました!



 



ですが学生に会うこともありました学校



「実習が終わりました!」や「勉強です・・!」「バイト尽くしです!」と・・・



夏休みといえどやることはたくさんあるんですね!学生の皆さんえらい!!!



 



残りの夏休みも



思いっきり楽しんでください力こぶ



1日1日充実した時間が過ごせますようににこにこきらきら



そして秋学期、笑顔でお会いしましょう!!



 



 



永野ドナルド



 


  • 2017.08.31 Thursday
  • 01:07

雑記

あっとほーむ

4月に入り、新たな生活には慣れてきたでしょうか花??

 

 

卒業式後の学科別学位授与では

毎年ひとりひとり、担任の先生から証書を受け取っている姿を撮影していますペコちゃん映画

…ですが

毎年ながらカメラが多いこと 、多いこと

 

教員も学生も

晴れ舞台を写真におさめようと必死ですっニコ★

 

この光景を毎年見るとうちの学科は

あっとほーむ』だなって思いますママ流れ星

 

卒業生だけでなく

みんなそれぞれ新生活で大変な時期ですが

ひとりで悩まず教員や仲間にいっぱい相談してくださいねSMILYひまわり

 

 

柴田けん

 

 

 

 

  • 2017.04.06 Thursday
  • 11:57

雑記

餃子パーティー

この春に卒業したゼミの学生さん達(手前の女子3人組)が、最後にお得意の餃子パーティーを開いてくれました。

(卒業式の様子は後日アップいたします。)

 

餃子は本格的です。教員も負けじと餃子を作っていました。

 

 

予定より1時間遅れて焼き始めました。

 

 

1作目はどうも焼きすぎたようです。IHを使うのが初めてだったことが失敗の原因だったようです。まぁ、御愛嬌というところでしょう。

 

 

まだまだ餃子を作っており、焼いた傍から食べだしています。

 

 

2回目の焼きです。これなら100点満点です。

 

 

わいわいがやがやと賑やかな餃子パーティーとなりました。3人の内2人は4月から一人暮らしになります。

不安と希望と少しばかりの寂しさが味付けでした。

 

御馳走さま、そして4月から頑張って下さい!

 

(毛束)

  • 2017.03.31 Friday
  • 08:32