Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

授業

授業紹介「日常生活適応学」

こんにちは!

教員の金野です。

 

2年生の秋学期にある「日常生活適応学」という授業について紹介します。

  • 元々は、主婦で自宅に退院した後も、家族から料理をすることを期待されている
  • 1人暮らしなので、自宅に帰るためには自炊ができるようにならないといけない
  • 料理をするのが趣味だったので、またやれるようになりたい

 

 

このような方々には、

作業療法で料理ができるように支援することがあります。

 

なので、この授業では・・・料理

  • たとえ障害があったとしても、どのように工夫すれば料理を再び作ることができるのか?
  • 料理を通して、どのように身体機能の回復を促していくのか?

という事を学んでいきます。

 

上の写真で、右手で使用している道具は、手作りの食材押さえです。

 

ニンジンやジャガイモのような丸みのある食材は、

押さえておかないと動いてしまいます汗

しかし、障害によって食材を抑える力が弱い時は、

このような道具を作業療法士が作成し、この道具を使用して、

食材をうまく切れるように支援することがあります握手

私も臨床時代は良く作成しました(少し不器用で見た目は良いかどうかは別にして・・・)。

 

これを使用することで、麻痺している手を日常生活の中で使用でき、

また日常生活自体も過ごしやすくなるので、

料理の練習をする際に使用することがありますきらきら

 

このような日常生活の工夫や道具について

2年生の秋学期の「日常生活適応学」という授業で学んでいきます勉強

 

そして、3年生の秋学期の「日常生活適応学演習」で、

自分たちで実際に体験をしていき、さらに理解を深めていきます勉強

 

以上、「日常生活適応学」の紹介でした。

作業療法の仕事内容や授業内容について少しでもイメージがついていただければ幸いですありがとう

 

金野

 

  • 2017.12.21 Thursday
  • 16:43

Comment
Send Comment