Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

実習関連

レベルOSCEを実施しました!

こんにちは!

あけましておめでとうございますお正月

今年も目白大学 作業療法学科の

授業やイベントの様子、学生や教員の学校での日常を

たくさんアップしていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたしますお辞儀

 

さてさて、冬休みが終わり授業が再開しました鉛筆

 

成人を迎えたばかりの2年生には、作業療法学科での大きなイベント!

OSCE(オスキー)が実施されました。

 

OSCEは、臨床実習に行く前の「客観的臨床能力試験」ですが、
実習に行く前に、必要なスキルが身についているか、

自分の弱いところはどこなのかを確認する機会になっています。
 

各ブースで与えられた課題を、学生達は一生懸命取り組んでいました。

その熱は我々教員、外部評価者、模擬患者の方にもにもひしひしと伝わってきました。

 

試験前の学生控え室の様子。

友達同士で最後の確認をしたり・・ざわざわ!汗

 

模擬患者さん・外部評価者さんのご協力のもと、

今回も無事に終えることができました。

ありがとうございましたにっこりハート

 

OSCEが終わり、ほっとしたことでしょう!

ですが、今月末は期末テスト。

そして2年生は2月には実習が始まります。

まだまだ気の抜けない日が続ますね。。

皆で乗り切りましょうオー

 

永野

 

  • 2018.01.18 Thursday
  • 16:11

作業療法関係

明けましておめでとうございます!

平成30年 目白大学作業療法学科の抱負

 

明けましておめでとうございます正月犬

 

 

皆さま、良いお正月をお迎えになりましたでしょうか初日の出

受験生の皆さんはもうちょっと頑張る季節が続きますね。

 

平成30年の新年を迎えて、

作業療法学科は以下のことを目標に1年間頑張っていきたいと思います握手

もちろんいつでも作業療法学科の先生方は

学生の教育・研究・大学運営に全力で頑張っていますけれど…力

 

  •  臨床実習の方法「クリニカルクラークシップ」を中心に、学内のカリキュラムも含め、成人教育学を基盤とした専門職教育をさらに深めていくこと
  • 教員の海外視察および海外の大学との交流、学生の短期留学にかかわる交流を通じて、教育・研究能力のレベルアップを図ること
  • 目白大学作業療法学科としての研究命題をみつけること。

 

 

以上を今年の目標として考えています。

 

常に、教育・研究・社会貢献という大学教員としての使命に対する熱い情熱を持ち続けたいと思っています。

 

今年もきっと目白大学作業療法学科から目が離せません目星

本年もどうぞよろしくお願いしますお辞儀

 

 

作業療法学科長 會田玉美

 

  • 2018.01.10 Wednesday
  • 14:59

雑記

車椅子テニス

こんにちは!

 

最近は晴天の日が続いていますね!太陽

そんな天気の良い日はテニス日和テニス

なぜテニスなのかといいますと・・・

実は毎週木曜日の午前中に、

車椅子テニスの選手が目白大学にいらっしゃって

テニスの練習会をおこなっています。

作業療法学科の仲本先生と私、言語聴覚学科の櫻井先生、外部の方を中心に

練習のサポートをしながら一緒に汗を流していますこぶし

 

車椅子テニスの選手の皆さんは

国内はもちろん、海外にも大会遠征にたくさん行かれています飛行機

テニスの技術だけでなく車椅子のコントロールも必要なので

非常にレベルが高いですビックリマーク

そんな方々と交流ができ、サポートできるのは貴重な時間!

 

テニス初心者の私ですが、今年1年テニスの魅力に引き込まれました!

年内の練習会は終了しましたが、来年もまた一緒にパワーアップしていきますがんばる星

 

永野

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 09:00

授業

授業紹介「日常生活適応学」

こんにちは!

教員の金野です。

 

2年生の秋学期にある「日常生活適応学」という授業について紹介します。

  • 元々は、主婦で自宅に退院した後も、家族から料理をすることを期待されている
  • 1人暮らしなので、自宅に帰るためには自炊ができるようにならないといけない
  • 料理をするのが趣味だったので、またやれるようになりたい

 

 

このような方々には、

作業療法で料理ができるように支援することがあります。

 

なので、この授業では・・・料理

  • たとえ障害があったとしても、どのように工夫すれば料理を再び作ることができるのか?
  • 料理を通して、どのように身体機能の回復を促していくのか?

という事を学んでいきます。

 

上の写真で、右手で使用している道具は、手作りの食材押さえです。

 

ニンジンやジャガイモのような丸みのある食材は、

押さえておかないと動いてしまいます汗

しかし、障害によって食材を抑える力が弱い時は、

このような道具を作業療法士が作成し、この道具を使用して、

食材をうまく切れるように支援することがあります握手

私も臨床時代は良く作成しました(少し不器用で見た目は良いかどうかは別にして・・・)。

 

これを使用することで、麻痺している手を日常生活の中で使用でき、

また日常生活自体も過ごしやすくなるので、

料理の練習をする際に使用することがありますきらきら

 

このような日常生活の工夫や道具について

2年生の秋学期の「日常生活適応学」という授業で学んでいきます勉強

 

そして、3年生の秋学期の「日常生活適応学演習」で、

自分たちで実際に体験をしていき、さらに理解を深めていきます勉強

 

以上、「日常生活適応学」の紹介でした。

作業療法の仕事内容や授業内容について少しでもイメージがついていただければ幸いですありがとう

 

金野

 

  • 2017.12.21 Thursday
  • 16:43

学生生活

国家試験対策(こくしたいさく)

こんにちは!

さとうさわこですけん

 

岩槻キャンパスの紅葉がとてもきれいですもみじ

道路いっぱいに広がった落ち葉のじゅうたんがお気に入りです

 

今日は、作業療法学科の“こくしたいさく”についてお話しします鉛筆

 

4年生は夏に全ての臨床実習がおわり、秋から本格的に“こくし”に向けた勉強をはじめます。

「作業療法士」になるための最後の壁は、

もちろん、『国家試験』ですテストちからこぶ

今年度の国家試験は2月25日!!

およそ残り80日になってきました!早い!

 

学生さんは、

ゼミ担任の叱咤激励をうけながら、

参考書を手に取り、過去問とにらめっこしながら、

週に1回学内の模擬試験をうけ、

たまに全国規模の模擬試験にのぞみ、

ちょっぴり苦手分野の特別講義をきいて、

毎日仲間たちと切磋琢磨しています炎

12月はじめの様子ですが、

朝9時から夜20〜21時くらいまで学内で長時間勉強している姿がとても印象的です!

やると決めたらやれる学生さんが多いです嬉しい

目白大学作業療法学科は、

近年安定して国家試験の合格率は全国平均を上回っています(ご安心を)

 

今年度ももちろん、めざすは『100%の合格』

明るい未来のために、今日もがんばりましょうオー

 

佐藤

  • 2017.12.14 Thursday
  • 12:29

実習関連

3年生が長期実習の前にOSCE(オスキー)を行いました

こんにちは。

野村です。

 

11月25日(土)に作業療法学科3年生はOSCE(客観的臨床能力試験)に臨みました矢印上

 

 

1課題につき5分間、課題について患者役の方に実技を行います。

 

それを臨床で働いている作業療法士の方に評価してもらいます。

 

教員は試験が円滑に進むようにコーディネーターとなります。

 

学生は極度の緊張状態の中、シナリオに従って用意してきたこととだけでなく、その時々の患者役の状態に合わせて対応を変える必要があります。

 

 

 

皆さん真剣です手

 

模擬患者は岩槻キャンパスの近くの自治会の方々に依頼させていただきました。

 

ありがたいことですニコッ

 

この試験を通して、学生はまた一つ成長することができたことでしょう。

 

緊張から解放された学生の笑顔が素敵ですき

 

 

年が明けたら7月まで実習です。

 

足りない点は今年中に勉強・練習するしかない=3

 

教員も精一杯サポートします!!

 

 

 

野村

 

 

  • 2017.12.05 Tuesday
  • 09:00

授業

授業の風景「日常生活適応学演習」

こんにちはニコ

 

 

本日は、3年生の授業「日常生活適応学演習」をご紹介します矢印上

 

この授業では、在宅・地域で生活する対象者の生活行為の具体的支援方法と、支援計画の立案について演習を通じて学びますぴのこ:)

 

本日は、実際に地域で暮らしている脳血管障害を経験した当事者の方が授業に協力してくださいましたSMILY

 

 

学生が生活行為の目標や支援して欲しいことについて聴取していますひらめき

 

 

腕の関節の柔軟性などの評価をさせてもらっています。

 

脚の関節の柔軟性などを評価させてもらっています。

 

立っている姿勢や歩いている場面を観察評価しています。

 

グループで話合いながら「生活行為の向上」のための支援について検討しています見る

 

考えた支援について発表し、質問にも答えていますアセアセ

 

最後に、学生が考えた支援内容についてのコメントと、メッセージをいただきました晴れ

 

ご自分の体験談を交えて具体的な話を分かりやすく丁寧に話してくださっています。

 

実習以外では、当事者から学べる貴重な機会であり、年明けより長期実習を控えている学生は真剣に話を聞いていました。

今後の長期実習に活かしてもらいたいです楽しい

 

館岡

  • 2017.11.30 Thursday
  • 09:00

イベント

さいたま国際マラソン

こんにちは!

11月11日・12日に

ブログでもお知らせしていた、

第3回さいたま国際マラソンがおこなわれました走る

 

12日当日は風があったものの、晴天に恵まれました太陽

10人前後のチームに分かれチームのボランティアリーダーさんを中心に

各給水・給食ブース移動後、準備を始めますきらきら

 

 

先頭ランナーが到着するまでに、コップにスポーツドリンクを補充したりペットボトル

食べ物をカットしてスタンバイバナナ緊張感が高まります。

 

 

沿道では言語聴覚学科の櫻井先生が、横断幕で目白大学をアピール!

 

 

給水が無くなってからは沿道に立ち、

ハイタッチや声かけを率先してやる学生達手

ランナーにパワーを送りました力こぶエクステンション

 

 

朝から夕方まで長時間の活動でしたが
学生達は終始笑顔を絶やさず、ランナーに声をかけていました★

ハイタッチを求めてランナーが寄ってきてくれたり、
「ありがとう!」と声をかけてくれたりと
我々ボランティアが元気をもらう一面もありました嬉しいハート
そしてそして作業療法学科・仲本先生も見事完走!!
ナイスラン!お疲れ様でした。
ボランティア活動は目立たないかもしれませんが、
選手・大会を大きく支えたと思います!
ボランティアいてこその大会ですね。まさに縁の下の力持ち筋肉
今後もこのようなボランティア活動に
積極的に参加していきたいなと思いますにっこり
さいたま国際マラソンを大いに楽しんだ1日となりました。
学生ボランティアの皆さん、ありがとうございましたありがとう
永野ドナルド
  • 2017.11.25 Saturday
  • 09:00

イベント

2017年 桐榮祭は天候の悪い2日間でした!

第24回桐榮祭が開催されました!!(10/28.29)

 

今年のテーマは 「THE SKY is the Limit !」

可能性は無限大という意味がこめられているそうです。

 

学務部長・仲本先生の挨拶から始まり、桐榮祭がスタート!!

 

作業療法学科では初日に、学科説明会及び保護者会がありました。

保護者の皆さま、お忙しい中、大学にお越しいただきありがとうございましたトトロ

                                

 

ステージ発表、ダンス部は今年も大盛況あひょうパンダキラン

 

他にもビンゴ大会・大声コンテスト・お笑いライブなどなど

様々なイベントがおこなわれ、盛り上がっていました!


 

各クラス、サークル等の販売は

2日目は雨の影響で、急遽通路での販売に変更になりましたが

学生達は一生懸命、楽しく販売をおこなっていましたきらきら

どこのブースも美味しかったです!!

 

各団体の発表もありました★

<各学科の体験コーナー>

 

<SPISチャレンジ発表・展示コーナー>

<野菜販売>

<SCOPSカフェ>

<体験コーナー>

ほかにもたくさんのブースがありました。

普段は体験できないようなことばかりでとても貴重な時間となりましたビックリマーク

 

日、生憎の雨でしたが足を運んでくださった方々ありがとうございました。

来年度も教職員、皆様のお越しお待ちしております。

 

近藤

  • 2017.11.20 Monday
  • 09:00

授業

アーチェリー体験会

障害者スポーツ論の授業のおまけです。

 

埼玉県障害者アーチェリー協会のご協力のもと、

9月、10月と2回にわたってアーチェリーの体験会を行いました。

 

 

 

学生は弓をもつのも初めてでしたが、

 

 

 

2時間も練習するとそれなりに弓が引けるようになっていました。

 

 

射手と的との距離が70メートルと離れているので、

観戦するにしても双眼鏡が必要。

ゲームの特性もあるが、盛り上がるポイントが今一つ。

などと、結構辛辣な言われようのスポーツですが、

障害の有無にかかわらず、同じ道具・ルール、同じフィールドで競える競技として、

ぜひ学生に興味を持ってもらえたらと、思っております。

 

今後も障害者アーチェリーの活動に協力していきます。

 

 

ヤスイ

 

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 08:57